終活として考えておきたい! 注目のお墓選び

注目のガーデンニング霊園

近年、「終活」が注目を集めています。自分がこの世を去るときに、遺族に負担をかけないための活動です。所持品を整理したり、延命治療を望むかどうか意思を示したりするのが終活の一例ですが、お墓の準備も終活にふくまれます。先祖代々のお墓を持っていない場合、遺族が埋葬方法を考えることになりますが、生きているうちに自分でお墓を用意する(埋葬法の意思を示す)事例が増えているのです。近年では宗教観の変化があり、昔ながらの墓地に埋葬されることを好まない人もいます。新しい形式の墓地として「ガーデンニング霊園」が注目を集めています。ガーデンニングとあるように、さまざまな植栽が施された墓地です。色とりどりの花が目立つ施設なので、墓地というよりは庭園に近い雰囲気になっています。一般的な墓地とは異なる雰囲気や、宗教・宗派を問わない施設が多いことから、ガーデンニング墓地を希望する人が増加傾向にあります。

ガーデンニング霊園を探すときの注意点

ガーデンニング霊園に興味を持ったなら、必ず十分な情報を集めてください。可能であれば、現地を見学することをおすすめします。現地を訪れたとき、まずチェックしたいのはお墓の管理状況です。どのような墓地でも通路など共有部分の清掃管理が大切な要素となりますが、ガーデンニング霊園では植物の世話が重要な意味を持ちます。枯れた植物を放置しているのは問題外ですし、どの季節でも華やかさがあるように植物を植えることが大切です。植物の管理状況に問題がありそうな霊園は注意したほうがいいかもしれません。

いせやは、美味しい焼き鳥が食べられる大衆居酒屋です。昭和初期に精肉業者を経て、すき焼き屋を経て焼き鳥屋になった歴史があります。