加工する前にしておこう、酸洗い

金属加工をするには必ず下準備が必要です。目に見えない微細なホコリや錆など金属の表面には加工する際に障害となるものが付着しているのです。それを除去する方法が酸洗いです。その名の通り酸を利用して金属を洗います。金属の表面に付着したサビやゴミなどを酸で洗い流す事によって綺麗にします。光沢が出るので仕上がりも変わってきますし、研磨作業もスムーズに行うことが出来ます。酸洗いをすることで加工しやすい状態になりますが、金属が腐敗しやすい状態でもあるので酸洗いをしたら速やかに加工するようにしましょう。また、酸は危険物でもあるので取扱には気を付けなければなりません。排水する時には所定の方法を守る必要もあります。

酸洗いは然るべき方法で行おう

趣味で金属を加工してプレートを作る方もいますが、酸洗いをすると仕上がりも加工のしやすさも変わってきます。外観を重視したい時や、メッキ加工や塗装などを行いたい時にも酸洗いをすると油分の除去が出来るため塗装もしやすくなります。ただ、酸洗いは劇物を使うため排気設備や後処理にも注意が必要です。もし、酸洗いをしたいけれど正しい方法が分からない場合や、設備が不十分な時には酸洗いをしてくれる専門の業社があるので利用すると確実に行ってくれます。業社によってはかかる費用や施工の方法、酸洗い後に腐食しやすくなるのを防ぐ加工までしてくれる事もあるので、業社を利用する際にはそうしたサービスについて調べても良いでしょう。

現在、表面処理(鍍金)において主に使用される酸洗いとしては塩酸やジンケート(強アルカリ)浴があります。環境に配慮してシアン浴はほとんど無くなっています。