術後24時間はじっとしよう!

術後最も大切なこと。それは安静にすることです。日帰りでの手術とはいえ、やはり麻酔をして切開しています。体には負担がかかっているので、安静にすることはとても大切です。術後再出血がおこる可能性があるのも24時間以内が多いので、この期間は安静にすることを心がけます。

患部には圧をかけろ!

術後1週間程度は、患部を圧迫することが大切です。クリニックによっては、圧迫用のガーゼをもらえることもあります。ガードルなどを着用し、ガードルとパンツの間にハンカチなどを挟むなどして、患部を圧迫するようにします。

とにかく綺麗に!清潔を保つ!

小陰唇周辺はシャワーで洗い、綺麗にして清潔を保つようにします。傷跡を刺激するのがこわいからといって、洗わなければ菌が増殖して、逆効果になり、感染症をおこしてしまう場合もあります。ボディソープなどを使い、綺麗に保つように心がけます。

術後シャワーは翌日から可能ですが、入浴に関しては、感染を予防するためにも2週間ほどはやめた方が良いとされています。

また、岩盤浴やサウナなどは、血液の流れを良くするので腫れや痛みを助長してしまう場合があります。先生との相談にはなりますが、最低でも2週間はやめるようにしたほうが良いでしょう。

衝撃は絶対あたえるな!

自転車や運動も、小陰唇に衝撃をあたえてしまう可能性があります。2週間程は控えるように心がけ、運動を始める場合は、出来るだけ衝撃の少ない運動から始めるようにしましょう。また、手術の方法にもよりますが、性交渉に関しても同じぐらいの期間は、やめた方が良いです。

女性器は人によって千差万別です。お世辞にも綺麗とは言いにくいのではないかと思います。女性器整形によって綺麗な女性器を手に入れ、自信を持つことができます。