CADに関する基本的知識

CADと言いますのは、コンピュータを使用した設計、あるいは製図を指し、専門的なソフトを利用して行います。用途ごと、コンピュータのOSごと、利用することができる機能が異なってくるなど多種多様なソフトがあります。2Dに加えて3Dを扱うことができるのものも見受けられます。CADに因る設計や製図はデジタルデータを活用することによって実施するため、そのことにともなういろいろなメリットがあります。CADを使用したことがない方も、ワープロソフトなどで実感している中身もありますので、想像できる部分もあるでしょう。

CADを活用するメリット

線、あるいは円といった簡単な図形に関しましては、コマンド利用すればスピーディーに描くことができます。また、同一の図形に関してはコピーアンドペーストで楽に反復して描くことが可能です。手書きの製図においては新たな形でやらなければならない拡大や縮小に関しても短い時間でできます。2つの図から異なった角度の図を自動で生成してくれる機能を保しているものもあります。作図している間の寸法、あるいは面積を活用して数値をCADの中で算出することも可能です。それに加えて、3Dものは製図のみならず、希望の角度の外観図を作成できたり、強度計算などの対応もできます。 デジタルデータですからメモリーカードへとアウトプットしたり、或いはインターネットを介して送受信もでき、紙の図と照らし合わせると持ち運びの労力は減らせます。更に、コピー並びにバックアップも簡単です。

水道CADとは水道工事に必要な配管図面や申請書類などをPCによって作成することです。一般的に専用ソフトを使用します。