墓じまいの背景と必要な供養

核家族化が進んだ日本では墓を管理する墓守が減っています。その背景には家を継がない子どもが増え、遠方を理由に墓参りに行かなくなったからです。墓は放置すると無縁仏になります。先祖代々の墓を無縁仏にさせないためには墓じまいが必要です。墓じまいは寺院や霊園にその旨を伝えて墓を取り壊し閉眼法要をした後に返す作業です。

遺骨を移し新しい墓を建てる

墓じまいを行うと遺骨が手元に残ります。遺骨はその性質上から簡単には移動できないため、所定の手続きを取り許可を得ます。そして新しい墓に入れる場合は、遺骨を移動する前に墓を建てておく必要があります。納骨の際に開眼法要を行い魂入れを行えば終了です。

墓は建てず合同で管理する

新しい墓を建てる予定がないなら、合同の墓地に遺骨を入れる方法があります。合祀墓と呼ばれ多くの遺骨と一緒に管理されます。

毎日手の届く場所で管理する

遺骨を手に届く範囲に置きたいなら自宅で管理する方法があります。骨壷に入れて管理することで常に一緒にいられます。仏壇やリビングなど思い思いの場所に置けるのが魅力です。外出中も持ち歩きたいならペンダント型の携帯骨壷もあります。

移した遺骨を自然に還す

遺骨を自然に還したいなら、海洋散骨や樹木供養があります。海洋散骨は海に遺骨を撒く方法で、船で現地まで向かい海に撒いて供養します。樹木供養は霊園内にある樹木の下や、見晴らしの良い場所に遺骨を埋める方法です。この際、土に還りやすいように、骨壷には入れずそのまま埋めてしまうので、二度と掘り出すことはできなくなります。

墓じまいとは、「墓地、埋葬等に関する法律」にのっとり、墓所や墓石を撤去、処分すること。墓を管理する後継者がいない、親族が遠方や高齢などで墓の管理が困難になった場合、墓の管理者、縁者などが行います。