CADは設計のための必要な作業をアシストします

家屋、あるいは家庭電化製品など、物を製作する時は設計図を欠かすことができません。CADに関してはそうした設計のための必要な作業をサポートしてくれるシステム並びにソフトウェアを総称したものです。そして、さまざまな企業に取り入れられています。パーソナルコンピューターが存在していなかった頃は、設計のための必要な作業は手書きによってとり行われていました。しかしながら、パーソナルコンピューターが浸透し、CADが取り入れられたことによって、設計業界で強力な高度化が進められています。現在ではCADがないと業務が回らないと言われるぐらい、欠かすことができないものです。

CADを活用する主なメリット

CADを設計や製図に関する業務に活用するメリットは、少なくありません。典型的なメリットは、まず第一にデータのシェアが容易にできることです。かつては紙の設計図だったことから、運び出しや中身のシェアに苦労していました。しかし、CADに関しては、パーソナルコンピューターにビューアソフトが備わっていれば、容易に図面をチェック出来ます。ひとつの図面に対し協同で働くこともでき、要領よく会社の業務を進めることができます。また、編集並びに修正が容易にできます。手間ひまかけて消しゴムを利用する必要がなく、パーソナルコンピューターのディスプレイ上で修正できます。オートメーション化されている部分もたくさんあって、スピーディーに設計のための必要な作業を進められます。この他には、技術を標準化できる有利性もあります。手書きにおきましては必然的に個人の癖が出ますが、CADを活用したらそうした心配が無く、設計図としてのそれ相応のクオリティーを保つことができます。

電気CADとは、CADというコンピュータを使って設計をするコンピュータによる設計支援型ツールの電気統計に力を入れたCADのことです。